<   2018年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧



  前号から2年ぶりに発売となりました。

  てっきり続きは無いのかと?

  思っていた頃に発売です。今回も紹介レンズ200本あまり。 

  意外に現行品が多く紹介されていました。


e0355334_20433463.jpg

  内容紹介

レンズにこだわり、写真をもっと楽しむための本

古今東西のレンズを実用主義の観点でさまざまな切り口から紹介していくレンズ専門誌第3弾。特集は「自分好みの焦点距離を探せ!」。フィッシュアイから望遠まで主要焦点距離の魅力と代表的レンズを紹介していく。また色乗り重視コンタックス、ゼブラ柄、マイナーマウントなど、システム構築実例も豊富に紹介。その他、連載特集「MAKEREXPLORE/シグマ編」「マイクロフォーサーズシステムで楽しむはじめてのシネマレンズ」など、数百本のレンズを掲載。




【Contents】
・特集 自分好みの焦点距離を探せ!
Let's Study レンズの基礎・焦点距離編
焦点距離01 フィッシュアイ
焦点距離02 超広角レンズ
焦点距離03 28mm
焦点距離04 35mm
焦点距離05 50mm
焦点距離06 85mm
焦点距離07 135mm
01 クセ玉の代名詞“ヘリオス”攻め!
02 定番タクマーで必要十分説
03 ゼブラ柄でルックス勝負
04 色乗り抜群のヤシコンセレクション
05 軽量ヤシコンで行こう!
06 マイナーマウントのレンズを愛でる
07 オールドタムロンの泣けるほどの繊細描写
08 ソニーαシリーズ×フォクトレンダーが熱い!
09 モノクロの質を追求した辿り着いたOM+SDクアトロ
10 富岡光学の遺伝子が息づくKISTARレンズ
11 孤高の変則焦点距離ペンタックスFAリミテッド

・レンズの時間 MAKER EXPLORE SIGMA編
Gallery&Interview 濱田英明×唐田えりか×SIGMA Art
SIGMA Art Line Lens Catalogue
Special Interview SIGMA President 山木和人
TOPICS レンズメーカーならではの独創的なアクセサリー&サービス
Report SIGMA会津工場探訪
SIGMA ALL Product Catalogu

・ロモグラフィー全18機種オールカタログ

・マイクロフォーサーズで楽しむはじめてのシネマレンズ

・レンズの時間フレンドショップ紹介+サイドストーリー


by MAXY53 | 2018-01-31 20:44 | 現モダンレンズ&オールドレンズニュース | Comments(0)

2/19発売


e0355334_19534383.jpg


商品の説明

内容紹介

銘玉&迷玉172本をアーカイブ

銘玉から迷玉まで、オールドレンズ172本を収録したオールドレンズガイドブックの決定版です。ライカ、ツァイス、ロシアレンズに国産レンズ、果てはマニアックなシネレンズまで、オールドレンズのフルコースを1冊にまとめました。7年続いた「オールドレンズ・ライフ」シリーズをベースに、豊富な作例とともにオールドレンズの魅力を解説しています。オールドレンズファン必携の完全保存版です。


1冊の本でまとめて見られるのは何気に嬉しいです。




・一眼レフ用レンズ
Alpa mount
Asahiflex mount
Auto 110 mount
Contarex mount
CONTAX N mount
Deckel mount
Ektra mount
Exakta mount
FD/New FD mount
FL mount
Hasselblad V mount
Konica AR mount
Leica R mount
M42 mount
Minolta SR/MC/MD mount
Miranda mount
Nikon F mount
OM mount
Pen F mount
Pentacon Six mount
Pentax K mount
Pentina mount
Petri mount
Praktica B mount
Praktina mount
Rectaflex mount
Topcon mount
Visoflex mount
Yashica/CONTAX mount
Zenit mount

・レンジファインダー機用レンズ
Argus C3 mount
Contax C mount
CONTAX G mount
Kiev mount
Leica L mount
Leica M mount
Leica M mount modified
Nikon S mount
Paxette mount
Prominent mount
Robot mount
Robot Royal mount
Sogno mount
Vitessa T mount
Xpan mount

・シネレンズ
Arriflex Standard mount
C mount
D mount
Eyemo mount
H8 RX mount
Kodak S mount

・改造レンズ
Canon EF mount modified
Leica L mount modified
Leica M mount modified
M42 mount modified
Sony E mount modified
Non mount

・索引
マウント名順
レンズメーカー名順
レンズ名順


by MAXY53 | 2018-01-30 19:55 | 現モダンレンズ&オールドレンズニュース | Comments(0)
コーフィールドというメーカー
 コーフィールド社は第二次世界大 戦後間もない1948年に設立されました。最初のカメラは1953年に発売したペリ フレックスで、布幕横走り式フォーカルプレーンシャッターを内蔵した全金属製の35mm 判(ライカ判)カメラでした。ライカスクリューマウントを備えたレンズ交換可能なカメラで、 ライカコピーの一つに数えられています。日本製カメラの影響を受け1971年に閉鎖となった。

レンズはルマー(Lumar )、ルマックス(Lumax )がある。

ライカマウントなのでデジタルカメラに付きます。 国産レンズが好きなので舶来製品を買う事は滅多に無いのですが、今回は全く知らないメーカーも面白そうという理由から、入手しました。

  • ENNA製:RETRO-LUMAX 35mm/f2.8 (zebra) OEM製品なのでメイドインW・Germanyなのです。ライカマウントながら30cmぐらいまで接写出来ます。
e0355334_20323080.jpg


by MAXY53 | 2018-01-25 20:41 | コーフィールド千夜一夜 | Comments(0)

 昔使っていたオートコードⅢですが、当時の写りも良くてカラー、モノクロどちらでも文句なしでした。

 今回、久しぶりに使いましたがネガを見るだけで、鮮鋭でコントラストも十分にあるのがはっきりと分かります。

国産二眼レフの中でも一、二を争う描写力だと思います。


1995年頃撮影した写真が残ってますので1枚
e0355334_20593443.jpg


それとごく最近撮った物もアップします。原板は、カラーネガです。

e0355334_21002396.jpg
e0355334_21011339.jpg
e0355334_21015100.jpg
e0355334_21024385.jpg






by MAXY53 | 2018-01-17 21:03 | 二眼レフ千夜一夜 | Comments(0)

 今年の6月に名古屋 丸栄デパートが閉館されます。ここで毎年行われていた毎年 おなじみの 丸栄 カメラバーゲン ですが

今年は以下の日程で開催されます。
4月の予定は決定いたしました
4月は19日から23日までの5日間丸栄8階にて行います また9月の バーゲン については6月21日から26日までの6日間になっております。

6月は閉館に伴う最後のカメラバーゲンとなります。

よーし、どちらも行くぞー!



by MAXY53 | 2018-01-17 18:33 | 写真趣味熱中につき | Comments(0)

 久しぶりの二眼レフです。

 ミノルタ オートk-ドⅢはほぼ20年ぶりに手に入れました。 現在は清掃メンテ中

 フレクサレットⅥは初めてですが、なかなか操作系にクセのある二眼です。(メイドインチェコスロバキア)

 レンズはベラーの80mmでプラナー並の描写をするという評価のある物です。

ピント合わせはどちらも上面下のレバーですが、歴史的にはフレクサレットの方が導入が先です。

撮影が楽しみです。

e0355334_20191284.jpg

by MAXY53 | 2018-01-11 20:24 | 二眼レフ千夜一夜 | Comments(2)

改善点
● ソニーα9、ソニーα7 RIIIに対応。
● コンティニュアスAF(AF-C)が改善され、性能向上。

TECHART(テックアート)LM-EA7は世界初、ライカMレンズでAF撮影できるマウントアダプター。


1年ぶりのアップデート来ました。何気にうれしい。

α9は未対応だったんだ (-_-)


e0355334_19454909.jpg



by MAXY53 | 2018-01-11 19:33 | LM-EA7 | Comments(0)

竹成五百羅漢

竹成五百羅漢の見所


自宅の近くにあるのは知ってましたが行くのは初めてという事で写真撮影してきました。

なんと言っても500体の石仏が圧巻です。みんな表情が違うのでなかなかフォトジェニックです。

後、撮影していると心が落ち着きますね。

撮影前と後でお辞儀をして来ました。

それにしても正月2日に行きましたが、人が全くいませんでした。一応賽銭箱と参拝出来る様になっているのですが。

以下説明
竹成五百羅漢は県道四日市~田光線の交叉する竹成集落の中心にあ る。嘉永5年2月(1852)竹成出身の照空上人(神瑞和尚)が建立を 発願されて、桑名の石工、石長こと藤原長兵衛一門の手により慶応2年に完成したものである。

竹成五百羅漢は高さ約7mの四角錐の築山をつくり、頂上に金剛界大日如来と四方仏を置き、その周りに如来・菩薩・羅漢をはじめとした500体ほどの石像を安置したもので、七福神や天狗、猿田彦などもあり、大小様々な石仏・石神が林立する様は壮観で、見応えがある。
神仏混淆で全国的にも珍しく、県指定史跡になっている。
α7Ⅱ+topcor 25mm
e0355334_16210600.jpg
α7Ⅱ+topcor 25mm
e0355334_16210574.jpg
α7Ⅱ+topcor 25mm
e0355334_16210791.jpg
α7Ⅱ+topcor 25mm
e0355334_16210963.jpg
α7Ⅱ+zuiko 55mm f1.2
e0355334_16210781.jpg
α7Ⅱ+zuiko 55mm f1.2
e0355334_16210880.jpg
α7Ⅱ+zuiko 55mm f1.2
e0355334_16210970.jpg
α7Ⅱ+zuiko 55mm f1.2
e0355334_16211044.jpg

by MAXY53 | 2018-01-08 16:28 | 竹成五百羅漢 | Comments(0)

2018 始まった。

いやー寒い日が続きます。外撮影もいやになりますが、何とか細々と撮りに行きたいと思います。

e0355334_07253466.jpg
α7Ⅱ  topcor 25mm

by MAXY53 | 2018-01-03 07:26 | 写真趣味熱中につき | Comments(0)

いらっしゃいませ 美味しいコーヒーをどうぞ!


by 連豆
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31