カテゴリ:自作マウントアダプター( 15 )



 2月に作ったFoca用アダプターですが、材料と簡単な作り方を書いておきます。

すでに記憶が曖昧で(^_^;)  適当な記事ですが・・・・


材料  Eマウント(金属製) これは余っていたマウントアダプターから外した物です。

ステップアップリング  3種類  58-62mm, 43-52mm,52-55mm

1.Eマウントと52-55mmリングをネジ止めします。マウントと55mm側を組み合わす。
エポキシ接着剤も使っていると思います。

2. 58-62mmリングを接着します。

3.そこへ43-52mmを43mm側から接着します。

以上ですがたまたま5cm f2.8の径と43mm径が合うのでそこへレンズを差し込んでいます。

ちょっとゆるかったので適当なテープを巻いて外れないようにしてあります。

ですので、他のレンズが付くのかは分かりません。 5cm f2.8バヨネット専用です。


e0355334_20094562.jpg
e0355334_20094651.jpg
e0355334_20094477.jpg
e0355334_20094578.jpg
e0355334_20094353.jpg
 
          作例
 
e0355334_20093529.jpg






by MAXY53 | 2018-04-02 20:22 | 自作マウントアダプター | Comments(4)

自作マウントアダプター



 カテゴリに自作マウントアダプターを追加しました。

 素人の工作ですのであり合わせの材料で作ります。

 (旋盤などの工作機械はコストも掛かるし、出来るだけ安く作るのがモットーです。)

e0355334_06530968.jpg




by MAXY53 | 2018-03-04 06:56 | 自作マウントアダプター | Comments(0)

 フィルムカメラ時代のブロニカ、マミヤなどの中判レンズはあまり需要が無いため、ほんとに安く手に入る時代です。

 ブロニカETRは645判レンズで、リーズナブルでしたので、75mm f2.8 MCを手に入れてちょいちょいとアダプターを拵えました。

 MC 75mm f2.8+ ニコンフード HS-12+ステップダウンリング→ライカMマウントを組み合わせました。(オートフォーカス可能)

 レンズは少し曇りありでしたので3500円でした。 これで安かなソフトフォーカスレンズの出来上がりです。

 ニコンフード HS-12は金属製でETRレンズにピッタリはまりますので、接着してあります。

ステップダウンリングの所で取り外し出来る様になってます。

イメージサークルの大きい中判レンズの中心が使えるため、安心感はありますね。

中判レンズはフランジバックが長いため、意外にアダプターは作りやすいです。
e0355334_06451205.jpg
e0355334_06451489.jpg
e0355334_06451386.jpg
e0355334_06451362.jpg

by MAXY53 | 2018-03-04 06:45 | 自作マウントアダプター | Comments(0)

  1月に購入したFOCAが届きました。 ファインダーを覗くと見にくく、これは使うのが大変そうなので、早速マウントアダプターを作りました。

今回はソニー Eマウント仕様のためマウント部分とステップアップリングを組み合わせてます。かなり適当ですが無限遠は出てるようです。(笑

材料費は、1000円程度です。

FOCAはスクリューマウントとバヨネットマウントが有りますが、今回はバヨネットレンズ仕様です。

但し、他の焦点距離のレンズが付くのかは?ですが、当面50mm f2.8 1本でいくので専用アダプターになります。

e0355334_16212055.jpg
e0355334_16212052.jpg
e0355334_16212107.jpg
         フードは付属品で付いてきたのですが、
     FOCA純正では無いと思います。  
e0355334_16212294.jpg
         沈どうします。
e0355334_16212336.jpg




by MAXY53 | 2018-02-18 16:23 | 自作マウントアダプター | Comments(2)

本日、無限遠が出ている事を確認してきました。

35cm~無限遠のスーパーレンズに生まれ変わりました。

逆光開放だとフレアが見られますが、思ったよりゴーストが出ません。絞ると落ち着く感じでやはり期待出来る写りです。
          開放 
e0355334_07500360.jpg
                  f11
e0355334_07502666.jpg




春からの撮影が楽しみです。



by MAXY53 | 2018-02-17 07:51 | 自作マウントアダプター | Comments(0)
e0355334_09031101.jpg
 2月に入ったので、今更の感が有りますが、2017を振り返るです。

2017はいろいろな自作アダプターを拵えました。 残念ながら市販されていないので、自力でなんとかしないといけない訳です。

 自作アダプターとしては、以下になります。

 1.ミランダーライカM
2.ペトリーライカM
3.ブロニカ(S,EC)ーライカM
4.ノリターライカM
5.ブロニカ(S,EC)ーニコン
6.ミノルタα(A)ーライカM 小改造
7.M42-ライカM 小改造


 1~4をライカMマウントにしてあるのは、

TECHART(テックアート)LM-EA7に取り付けられる様にするためです。

 5は無限大が出て無いのですが、ブロニカニッコールを取り付け出来る様にしました。

 6と7もLM-EA7 に付けるべく削ってます。(笑

以上によりミランダレンズ、ペトリレンズ、
ブロニカマウント(S,EC)、
ノリタレンズ、ミノルタα(A),
M42マウント(ピン押し確実タイプ)
がオートフォーカス可能となりました。

もちろん静物しか合いませんが、それでもピピ!と音が鳴ってピントが合う様はおもしろい物です。

 番外としてはM42マウントレンズのピン押ししないアダプターも、市販品の組み合わせで解決しています。意外とM42-ライカMは出て無いのです。これによりトミオカ製 コシノン 55mm f1.2が100%フル稼働出来ます。(オートフォーカス可能)

2018年の挑戦は、フランスのFOCAレンズーライカMアダプターの作製です。まだうまくいくか分かりませんが・・

まずはボディ&レンズの入手からです。

その2へ






by MAXY53 | 2018-02-03 09:08 | 自作マウントアダプター | Comments(0)

ミノルタαレンズの復活

ミノルタα+α7Ⅱ
初期型ミノルタマクロ 50mm f2.8です。

Ⅱ代目から先端部分が改良されてMF操作がやりやすくなってますが、初期型の無骨なデザインも捨てがたいです。

約30年程前のレンズなので、デジタル撮影だとパープルフリンジなどの影響があるかも。


マウントアダプター改造して?良かった。

e0355334_19014999.jpg


by MAXY53 | 2017-11-03 19:05 | 自作マウントアダプター | Comments(0)

ノリタ-ライカMアダプターの試作品完成!

思ったよりうまくいきました。まだ仮組なので微調整が必要です。

techartに繋げてオートフォーカス化が出来ます。

e0355334_20184801.jpg
e0355334_20190606.jpg



by MAXY53 | 2017-10-27 20:19 | 自作マウントアダプター | Comments(0)

試作Nikonアダプター
(ブロニカレンズ用)

試作品が完成。ピント範囲50cm~9m程となりました。ニコンマウントの部品の厚みがあるため、これ以上調整出来ず。今回はこれで試写してみます。只、フィルムカメラボディしか無いため、結果が出るまで時間が掛かります。

e0355334_20203056.jpg
e0355334_20210562.jpg
e0355334_20212551.jpg


by MAXY53 | 2017-10-06 20:21 | 自作マウントアダプター | Comments(0)
せっかく作ったので忘れないように書き留めておきます。

それではマウントアダプターの詳細です。


ブロニカ(S,EC)用レンズアダプター
1.マウント側をライカMマウントにしました。(理由は後述)
部品の順番
レンズ--ブロニカ用接写リング(C-A)--ブロニカ用ヘリコイド--ミノルタ MC135用フード--k&F Concept® nikon-L/Mアダプター

接写リングを入れたのは絞りを調節するためで、ブロニカ使いの方は一般的に知られていると思います。ミノルタ用フードはヘリコイドにジャストサイズなので、4点ネジ止めにしてあります。なおフードはカットしてありますが、無限遠が出る様に長さを調節しました。ネジ止めなので元に戻せます。nikon-L/Mアダプターとフードの接着は、アダプターの金属部を外してからエポキシ接着してあります。
ブロニカヘリコイドに絞り連動ピンが付いていますが、これがあると無限遠が出ないようなので取り外してあります。
NIKKORレンズの絞り調節は出来る様になりましたが、zenzanon 100mmを付けた場合のみ中間リングのレバーを操作しないとうまくいきませんでした。

なぜライカMマウントにしたのかと言いますと、焦点工房さんより出ています、TECHART(テックアート)LM-EA7 ライカMマウントレンズ - ソニーα.Eマウント電子アダプターへ繋いでオートフォーカス化しようと思ったからです。

これによりブロニカレンズがオートフォーカスで撮影出来ます。

使用した感じでは特に問題なく作動しています。しかし、レンズの重さがあるので、やや規格外の使用方法です。焦点工房さんでは500gまでのレンズ重量にしてくださいと注意書きがありますが、割と気にせずに何でも付けています。

手持ちのNIKKOR 75mmf2.8,50mmf2.8,50mm f3.5, zenzanon 100mmf2.8でオートフォーカス駆動出来るのを確認しています。

e0355334_07210809.jpg
e0355334_07213500.jpg




by MAXY53 | 2017-08-26 07:28 | 自作マウントアダプター | Comments(0)

いらっしゃいませ 美味しいレンズをどうぞ!


by 連豆
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30