2018年 05月 02日 ( 2 )



何だか最近はコンパクト・ズームという言葉を聞かないような気がします。

高画質タイプは重く、大きくが合言葉みたくなってますが、コンパクト・ズームは現代でも十分に商品価値はあるかなと思ってます。

今回はトキナーのSZ-X270 28-70mmf3.5-4.5になります。(1985年発売)トキナーと言えばAT-Xがブランドですが、これは、ADVANCED TECHNOLOGY-Xの略とトキナーのホームページに説明されてます。
e0355334_08291508.jpg
e0355334_08291566.jpg


しかしながらXの意味が書いてありませんね。これはエックスでは無くてギリシャ数字の10を表します。当初は先進設計のレンズを10本揃えようという意味で付けられたという事です。
e0355334_08291244.jpg
e0355334_08291342.jpg
e0355334_08291460.jpg
e0355334_08291422.jpg

それでSZ-Xですがこれは、スタンダード・ズームの意味です。いわゆる標準のレンズモデルですね。レンズ先端の赤ラインがちょっと高級感を漂わせます。

それとこのレンズにはSDが使われています。メーカー説明ではカタログ中のSDマークが付いたレンズには、2次スペクトル(残存色収差)を抑える 非常に低分散の高い硝材、Super-Low Dispersion(超低分散)ガラスを採用しています。 色収差を十分に補正し画面全域において極めて良好な画質を実現しています。という事です。(レンズ銘板に記載あり)

標準系価格帯のズームながら少し差別化されています。中古ショップで見かけたら迷わずGET!しましょう。(笑

とにかく軽くて撮影が楽です。 肩の力が抜いて撮って下さいと言われている様なレンズです。メーカーではファミリーフォトに最適とのアドバイスが当時有りました。

描写は特に不満の無い写りです。これも隠れた名レンズだと思います。

作例 α7RⅢ+LM-EA7
e0355334_08300572.jpg
e0355334_08300669.jpg
e0355334_08300864.jpg
e0355334_08300941.jpg
e0355334_08301017.jpg
e0355334_08301171.jpg

追記
実はこのレンズ『1986 CAPAレンズ大賞』受賞しています。これは、その年に発売された69本の中から1本を選び受賞された名誉ある賞です。

選定理由
1.SDガラスを使って仕上げたトキナーにポリシーを感じる。そしてこれだけ小さく出来た事は標準レンズの方向性を示した。画質はタムロンの28-70mmと甲乙付けがたい。
2.70mmで30cmぐらいまで寄れるマクロ機構が便利。
3.操作性が抜群。ピントリングと回転式ズームリングが滑らかに回る。ゴムのローレットは、滑りにくく回しやすい。



by MAXY53 | 2018-05-02 10:24 | オールド・ズームレンズの逆襲 | Comments(0)

 久しぶりにミノルタマクロを使ったら、おもしろくなってきました。

身近にあるものでも被写体になるので、楽しめますね。蜻蛉も久しぶりに撮ったなあ。


α7RⅢ+LM-EA7+マクロ100mm f2.8

作例

e0355334_07545478.jpg
e0355334_07535189.jpg
e0355334_07535269.jpg
e0355334_07534977.jpg
e0355334_07535223.jpg

by MAXY53 | 2018-05-02 07:59 | ミノルタα千夜一夜 | Comments(0)

いらっしゃいませ 美味しいレンズをどうぞ!


by 連豆
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30