Komura 105mm f2 (ニコンS)の味


 Komuraはおそらく日本で最初の交換レンズメーカーと思われる。 1980年に消滅してはや40年あまりになる。

 当時、かなりの種類のレンズを作っていたが、1960年頃に大口径レンズのラインナップが有りました。

80mm f1.8が最初に出た大口径で1958年の発売です。1965年頃には85mmf1.4,100mmf1.8,105mmf2,135mmf2と蒼々たるレンズが有りました。

しかし、あまり売れなかった様で現在市場にもあまり出てきません。今となってはオールドレンズとして魅力が有りますね。

私の持っているのは1960年頃の105mm f2のニコンSマウントです。(フード、キャップ有り)

ニコンマウントのものは初期に35mmf2.8,80mmf1.8,105mmf2.8,135mmf3.5の4本が出て後で135mmf2.8,105mmf2,200mmf3.5と追加がありました。レフボックス用の300mm,500mmもあった。

e0355334_07085986.jpg
e0355334_07091838.jpg
e0355334_07101066.jpg
e0355334_07102014.jpg

作例 海岸通りのシッポ達

開放だとソフトな感じですがf2.8-4ぐらいで、画像が締まってきます。ピントの合った部分は程よいシャープ感が有ります。色合いはやや青みが出る感じですが、天候の影響もあるかも。
重さも440g程度でなかなか使い安いレンズです。
e0355334_07304424.jpg
e0355334_07310187.jpg
e0355334_07311267.jpg
e0355334_07313755.jpg
e0355334_07314757.jpg



by MAXY53 | 2018-12-23 07:37 | Komura千夜一夜 | Comments(0)

いらっしゃいませ 美味しいレンズをどうぞ!


by 連豆
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31