Vivitarのseries 1 35mm-85mm F2.8 VMC  Rev1

Vivitarのseries 1
『Series1(シリーズ1)』は1971年から始まったVivitarの高性能レンズ群である。
多くはアメリカのOpcon社の設計で日本のレンズメーカー(キノ精密工業、小峰光機、タムロン、コシナー、など)が生産を担当した。Vivitar Series1 35mm-85mm F2.8 VMCは1974年にリリースされた『Series1』レンズでOpcon社が設計を、キノ精密工業が生産を担当。Series1 35mm-85mm F2.8 VMCでは35mm側がマクロズームになっていてレンズ先端から8cm程度まで寄ることができる。、描写性能も全域にわたって非常にシャープかつクリア。

このレンズは1980年製と記されている。

ヘキサノンは35-70mm f3.5なんですが、驚くほど前面が違います。F2.8は大口径というのがよく分かります。(^_-)
e0355334_19591489.jpg
作例です。
α7RⅢ+LM-EA7

意外にも背景に玉ぼけが出ます。(マクロ撮影域)
e0355334_19372777.jpg
e0355334_19372870.jpg
e0355334_19372721.jpg
e0355334_19372913.jpg






by MAXY53 | 2018-06-20 19:38 | Vivitarのレンズ達 | Comments(0)

いらっしゃいませ 美味しいレンズをどうぞ!


by 連豆
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30