コミネ Vivitar 135mm F2.8 Close Focusingの技術力

Vivitar 135mm F2.8 Close Focusing
 一見すると平凡な135㎜望遠レンズのように見えると思うが、通常の135mmレンズの最短撮影距離が1.5m程度なのに対して、60cmまで寄ることができ、ダブルヘリコイドになっているピントリングを1回転半させると、レンズ全長がぐんぐん伸びて1:2のマクロ撮影ができる。描写性能についても、絞り開放では少し甘いが1段絞ると急激にシャープになる。
e0355334_18384471.jpg
e0355334_18384510.jpg
e0355334_18384649.jpg
e0355334_18384626.jpg




 このレンズは日本のコミネ製となるが、一般的には知られていない。自社ブランドが無かったために当時のVivitar製品にしかその面影を見る事が出来ない。
所謂、中小メーカーだったと思われるがネット検索でも情報はほぼ無く、1985年頃までは存在していた様だ。 創業者あるいは社長の名前がコミネ マンジローという。
所在地は東京都目黒区青葉台に有ったようです。(1985年頃)
 1985年と言えばミノルタα7000が発売された事により、αショックの時で以降のオートフォーカスレンズの対応が難しく、会社が無くなったのかななどと想像してます。
 しかし、この様なハーフマクロの135mmレンズが存在していた事が,驚愕します。 しかもレンズ銘板にはマクロの文字がありません! あえて Close Focusと書いてあるのが泣かせます。1:1の機能が無い限りマクロとは名乗りませんとでも言ってるかのようです。

 今では不人気の135mmレンズですが、このレンズを手に取ると何か凄い写真が撮れそうな予感がします。
レンズスペック
レンズ構成 4群4枚
最近接距離 0.6m
絞り羽根枚数 8枚
重   量 460g

作例 α7RⅢにて

通常の1.5mで撮ると
e0355334_18381541.jpg
最短60cmだと!!
e0355334_18381427.jpg
e0355334_18381570.jpg


by MAXY53 | 2018-05-26 18:40 | 知られざるレンズメーカー | Comments(0)

いらっしゃいませ 美味しいレンズをどうぞ!


by 連豆
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30