ペトリ/ライカMマウントアダプター

ペトリ/ライカMマウントアダプターの拵え

材料

ペトリ一眼から摘出したマウント部品(左)
ステップアップリング(49-52mm) 右

レイクォール コニカAR/ライカM アダプター (中央)
写真はコニカマウント部を取り外してあります。

e0355334_18102107.jpg

 この中で一番ネックとなるのがレイクォールのアダプターです。単純にお値段が高いので、工作加工するのに思い切る必要があります。

しかし、現在のところTECHART LM-EA7に装着出来るのがこれしか無いため、他に選択肢が有りません。

e0355334_18102375.jpg
まずはペトリマウントとステップアップリングを接着します。接着剤はエポキシ接着剤を使用。30分硬化タイプです。

接着剤を塗る場所はペトリマウントの裏側の外枠になります。少量をつまようじで慎重に付けます。内側のリングまで接着するとレンズが接続出来ません。

1日後、確認すると接着剤が内側のリングまではみ出て接着されてました。(>_<)

仕方が無いので力技で内側リングを回して、可動する様にしました。これでレンズそのものはマウント出来ます。

続いてコニカAR/ライカM アダプターをカメラ側へ接続して、先ほど作ったペトリレンズ+マウント部分をあてがってみます。そうするとたまたま無限大のピント合わせも出来る様でした。

最短撮影距離 60cmも確認するとほぼこれも合っています。従ってそのまま接着すればOKの様です。

この接着剤もエポキシを使います。適量塗って合わせて1日放置しました。はみ出た接着剤を削り取って出来上がりです。強度も十分です。


TECHART LM-EA7と組み合わすとAFモードだと最短50cmで撮影可能です。MFモードにすると40cmまでぐらいの近接が出来ますので便利です。

今回コニカマウントを使ったのはフランジバックの関係です。






e0355334_18102718.jpg



e0355334_22264992.jpg
e0355334_22265571.jpg


by MAXY53 | 2017-07-07 18:31 | 自作マウントアダプター | Comments(0)

いらっしゃいませ 美味しいレンズをどうぞ!


by 連豆
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31