タグ:HEXANON AR 57mm F1.2 ( 8 ) タグの人気記事

そろそろ2年

そろそろ2年・・
 デジタルカメラを始めた本格的に始めたのが2年前ですが、やっと自分が撮る写真テーマみたいなものが見つかった気がします。

 下記写真はGW中に撮りに行った場所ですが、何となくテーマっぽい写真を撮ろうとしています。これから梅雨に入り写真テーマに好都合?な季節に入ります。
まずはいろいろトライしてみます。
e0355334_19483322.jpg
α7Ⅱ+hexanon 57mm f1.2

e0355334_19483629.jpg
e0355334_19483945.jpg
e0355334_19484299.jpg
α7Ⅱ+topcor 25mm

by MAXY53 | 2017-06-04 19:56 | 写真趣味リハビリ中 | Comments(0)

HEXANON 57mm F1.2 人物


 α7Ⅱ+TECHART LM-EA7 +ライカMマウント用 (KAR-LM)

絞り2.8 ちょっと日陰だとオートフォーカスが迷うなあ。

e0355334_17532243.jpg


by MAXY53 | 2017-05-07 17:54 | ヘキサノンレンズ達 | Comments(0)

HEXANON 57mm F1.2 八重桜


 家の裏に咲いている八重桜をちょこっと撮影。

 やけにピントがズバズバ合うのですが、気のせいか?レイクォールのアダプターの御陰かはまだ検証中です。

α7Ⅱ+TECHART LM-EA7 +ライカMマウント用 (KAR-LM)
e0355334_10213887.jpg
e0355334_10215440.jpg
e0355334_10222631.jpg
e0355334_10221224.jpg
e0355334_10223902.jpg
e0355334_10225361.jpg
e0355334_18351035.jpg
e0355334_18353008.jpg
e0355334_18352261.jpg





by MAXY53 | 2017-04-24 19:13 | ヘキサノンレンズ達 | Comments(0)

 今回は、ヘキサノン57mm f1.2+接写リングでマクロ撮影です。又、別記事で接写リングを紹介します。

 マクロレンズより使い勝手はやや落ちますし、ピントの合う範囲が狭いですね。

被写体 ヘキサノン15mm FE

e0355334_18272475.jpg

by MAXY53 | 2016-02-23 18:30 | ヘキサノンレンズ達 | Comments(0)

HEXANON 57mm F1.2

室内撮影です。

コニカ 一眼時代のフラッグシップレンズ 57mm F1.2です。

ライティング左と上 2灯  三脚使用
使用レンズ マクロ・トプコール58mm f3.5 絞りf4

オールドをオールドで撮ってみました。

e0355334_20463748.jpg
e0355334_20583788.jpg



by MAXY53 | 2016-02-16 20:48 | ヘキサノンレンズ達 | Comments(0)

ロックオンにゃ!

ロックオンにゃ!

ヘキサノン57mm f1.2

e0355334_18212216.jpg


by MAXY53 | 2016-02-05 18:22 | F1.2のレンズ達 | Comments(0)

猫カフェにて


地元の猫カフェにて
ボディ α7Ⅱ 使用レンズ hexanon 57mm f1.2
ミール20mm f3.5
スーパーロッコール50mm f1.8

e0355334_19505127.jpg
e0355334_19510130.jpg
e0355334_19512103.jpg
e0355334_19510968.jpg
e0355334_19513207.jpg
e0355334_19514291.jpg
e0355334_19520595.jpg
e0355334_19515368.jpg
e0355334_19521582.jpg
e0355334_19522588.jpg
ロックオンにゃ!
e0355334_19540596.jpg




by MAXY53 | 2015-12-28 19:56 | 写真趣味リハビリ中 | Comments(0)

HEXANON 57mm F1.2  届く


夏頃に注文しておいたHEXANON 57mm F1.2がようやく届きました。 いやー五ヶ月は長かったです。オーバーホール済みです。

レンズ説明 引用あり
当レンズはヘキサノンモデル・バリエーションの中では最後期型「第4世代」のモデルにあたり、第1世代発売の1957年から1987年まで生産が続けられていたようです。

約30年ほど生産があったようです。

第1世代:金属製距離環、シルバー絞り環、EE表記、一部に酸化トリウム含有
第2世代:金属製距離環、オールブラック鏡胴、EE表記、酸化トリウム含有
第3世代:距離環ラバー製ローレット、オールブラック鏡胴、EE表記
第4世代:距離環ラバー製ローレット、オールブラック鏡胴、AE表記
光学系は6群7枚のBiotar/Xenon型の発展系でUltron型に属し、後群の第5群を拡張して2枚構成にしています。そのため後玉は「平凸レンズ」を採用し「真っ平ら」です。

私のは第4世代になります。
e0355334_18261384.jpg
特に光学系の状態がすこぶるよく大変綺麗な光学系で感無量です。

e0355334_18202647.jpg
このラバーバンドは純正では無くそれに近いものを巻いてもらいました。 いやー言われないと気がつかない材質です。
e0355334_18203615.jpg
 最近の相場ではヤフオクでも6万前後での取引です。 徐々に価格が上がってきました。

一番の問題はコーティングの劣化です。これはどうしようもないのでなるべく劣化の無いものを選択するしかありません。このレンズはモノコーティングです。

レンズ名にUCがあるのがマルチコーティングの様です。

15mm FE, 28mmF1.8 など

今後、良いものが減っていくでしょうから、ますます入手困難になりそうです。

今日も1日良い日でした。

by MAXY53 | 2015-12-18 18:35 | ヘキサノンレンズ達 | Comments(0)

いらっしゃいませ 美味しいお茶をどうぞ!


by 連豆
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30