今週の木曜日に行われた志の輔さんの独演会に行ってきました。


 もうね最初から笑いっぱなしで楽しい時間でした。


 口演が始まる前の館内放送でお客様のお呼び出しを申し上げます。とアナウンスが入りました。

 『お車でお越しの三重300 あ**-**のお客様。』


 ん!、ライトの点けっぱなしですね。と思いきやその後のアナウンスで

『窓が全開!でございます。 至急お車までお戻り下さい。』 !!


 その直後会場内でどよめきがやら笑いやら・・・・   いや全開って! あるんですか?


 そうこうしてる内に前座のお弟子さんからスタート

 そして志の輔さん登場! イントロで5年前に来た事と先ほどの館内放送もネタにして、つかみから全開でした。

 今までwowowでしか見た事が無かったですが、生ならではの良さが見られて良かったです。

 皆さんも1度志の輔さんの落語を聞いてみてはどうでしょうか。チケットがすぐ完売になりますので情報収集が勝負になります。


e0355334_08151613.jpg
e0355334_08152327.jpg
e0355334_08150934.jpg

# by MAXY53 | 2015-09-12 08:18 | 雑記 | Comments(0)

SMC PENTAX-A 50mm F1.2 の魂


  レンズのF値が1.2以下だと大口径ですね。 しかも高価です。

  過去には各1眼レフメーカーもf1.2フラッグシップを出していました。


 ところが現在はAFだとキャノンだけでしょうか? なんとも寂しい限りです。

 過去にキャノンは50mm f1.0というのも出してましたね。 実際に使っていた人を見てた事があります。 50mmというよりは85mmの大きさでした。


 マニュアル中古だと選択肢は、いろいろです。 その中で今回は PENTAX-A 50mm F1.2 を入手しました。 1.2は久しぶりです。

前玉を見てるとうっとりしつつ、いかにもよく写りそうな感じです。

e0355334_20420123.jpg
すべて開放です。ピントが浅いのは当たり前です。しかし、アウトフォーカス部のにじみ方がなんとも言えません。

これで風景などをあえて開放で撮るとおもしろそうです。

e0355334_20421537.jpg
e0355334_20420813.jpg
  

# by MAXY53 | 2015-09-11 20:54 | 大口径レンズの魂 | Comments(0)

ダブルネック

ギブソンのダブルネックギターです。と言っても全長30cmくらいです。
e0355334_16113348.jpg
e0355334_16114664.jpg
e0355334_16115374.jpg

 若い時にエレキに熱中していた時代、ジミーペイジの弾く姿が格好良かったです。

本物は無理なので、これで我慢してます。

# by MAXY53 | 2015-09-05 16:35 | 写真趣味リハビリ中 | Comments(0)
コーワといえば、キャベジンとかコルゲンとか思い浮かばない方、いやいやレンズも作ってまっせー

カメラ事業から撤退したのが1978年ですから私もほとんど気にもとめてませんでした。

6*6のカメラを出していたなあというぐらい。しかし、プロミナーが2014末に突如復活!

マイクロ4/3ですが2015年にかけて三本のレンズを発売してます。

PROMINAR 8.5mm F2.8
PROMINAR 12mm F1.8
PROMINAR 25mm F1.8

それぞれ換算 17mm f28, 24mm f1.8, 50mm f1.8で貴重な超広角もありますね。

マウント接点は電子接点は無くマニュアルフォーカスになります。おもしろいのは色が三色あること。

コーワグリーンとよばれる淡い緑がおしゃれです。

最短撮影距離も20cm~と寄れるレンズなのも良いです。現在は3割引き程度で買えますが、それでも25mmで7万~なのでそれなりの値段なのですが、魅力的です。

出来ればフルサイズ用レンズも期待しますがどうでしょうかね。

e0355334_06353185.jpg



# by MAXY53 | 2015-09-05 06:40 | 現モダンレンズ&オールドレンズニュース | Comments(0)
現代に蘇るトミノンレンズ!

1970年代日本の名機、富岡光学製の大口径標準レンズ55mmF1.2を現代のエコ材料で再現。当時の設計者の指導の下、開発思想を受け継ぎ、開放での柔らかなボケと絞り込んだ時のシャープな描写性を再現した光学設計。
大口径ならではの透明感のあるレンズを再現するため、当時と同じピッチ研磨で磨かれたレンズ。
自然な色合いを再現するため、あえて単層コートを採用。
古いカメラは勿論、現代のカメラにもマッチするヤシカコンタックス風の外観。
ヘリコイドはしっとりとした作動感を再現するため、当時と同じ現合ラップ仕上げ。

※レンズマウントはコンタックス・ヤシカマウントとなります。
※マウントアダプターを介して使用する際、フルサイズキヤノンEFマウントボディと組み合わせるとミラーが干渉するため、使用できません。



早くもマップカメラにて予約が始まってます。

ヤシカ・コンタックスに似た外観で重量は、310gと
なってます。

意外に軽い?ですかね。

コニカAR
ヘキサノン57mm f1.2は460gもあるのです。まあ、ヘキサノンは重すぎますが・・・

13万と安くは無いので思い切りが必要です。

限定なのか期間限定なのか分かりませんが数年したらプレミア価格にはなりそうです。

e0355334_21291091.jpg

# by MAXY53 | 2015-09-04 21:35 | 現モダンレンズ&オールドレンズニュース | Comments(0)

いらっしゃいませ 美味しいお茶をどうぞ!


by 連豆
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31