NIKKOR-S・C 5cm F1.4 Nippon Kogaku Tokyo 5005

文献調査後の訂正記事になります。

  幻のNIKKOR-S・C 5cm F1.4
  Nippon Kogaku Tokyo

e0355334_19281319.jpg
元々、このレンズの前にNIKKOR-S・C 5cm F1.5が誕生している。
1949.5~1950.4 の1年間の生産製品番号は
905*** と907***の物がある。生産本数 800本ほどと言われる。(ニコンマウントとライカマウントが半々ぐらい)

次に発売されたのがNIKKOR-S・C 5cm F1.4で
Nippon Kogaku Tokyo銘の希少なレンズで1950年5月より製造でライカLマウントとニコンSマウント併せて約2000本製造と言われている。
生産製品番号は5005****となる。上4桁が捨て番と言われ1950.5生産を示していると言われる。

製造本数も少なく市場になかなか出ないレンズです。写りについて 開放からフレアが少ない。製造番号3から始まるレンズは開放からややフレアがある。

製造番号は5005から始まる8桁でこの後に出る
Nippon Kogaku Japan 名の製造番号3から始まるレンズとは明らかに描写が違うようです。

レンズデータ 3群7枚
コーティング 無色
重量278g(ライカマウント)
Nippon Kogaku Japan名時代 になると231gに軽量化されている。

ニコンマウントは内爪タイプとなり210g→徐々に軽くなり145gと変化していった。

生産製品番号 322000頃からNippon Kogaku Japanに変わったようです。



by MAXY53 | 2017-05-15 20:37 | NIKKOR レンズ | Comments(0)

いらっしゃいませ 美味しいお茶をどうぞ!


by 連豆
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31