今年お世話になったレンズ 2 MC MIR-20M 20mm F3.5 (M42マウント)


  MC MIR-20M 20mm F3.5 (M42マウント)

 超広角レンズが欲しいなと思いつつ、まず探したのがカールツァイスイエナのフレクトゴン20mm F2.8でした。ところが出物がほとんど無かったため、代替として候補になったのがミール20mmでした。

でもロシアンレンズの20mmってどうなの?

そこで、参考にしたのがクラシックカメラ専科 モダンクラシック レンズ編の記述でした。とにかくべた誉め状態。
e0355334_08235834.jpg
e0355334_08241776.jpg

レンズ性能は中央部付近の性能はすばらしい。コントラスト、描写力、解像力ともにツァイスレンズ並か、それをしのぐと言っても差し支えないだろう。(ディスタゴン 21mm比較)

周辺部は被写体によってやや流れる事が確認出来るが、中央部のすばらしさがそれを補ってくれる。

湾曲収差はほとんど無いと言っていい程補正されている。周辺光量の落ち込みも合格点。ただしこれは、後ろに付けるフィルターが補う役目があるようだ。

ぼけも超広角と思えないほど美しい。

以上の文面があり、これを読むと買わずにいられないほどになる。w

最短撮影距離は18cmとフレクトゴンより1cm短い。これも大いに武器になります。

KMZ製MC MIR-20M: 最短撮影距離 18cm, 絞り値 F3.5-F16, 重量(実測)370g, 絞り機構 自動/手動の切り替え式, 絞り羽根は6枚構成, 光学系の構成は8群9枚

e0355334_08233626.jpg
e0355334_08234696.jpg
e0355334_08225300.jpg
e0355334_08231978.jpg
e0355334_08252663.jpg
e0355334_08260454.jpg
e0355334_08262249.jpg
e0355334_08265104.jpg
MCとなっていてマルチコーティングの様ですが、フレアとかゴーストは出ます。 しかし、それがドラマチックな印象になります。



by MAXY53 | 2015-12-30 08:30 | ロシアンレンズ達 | Comments(0)

写真趣味のリハビリ撮影中


by MAXY53
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31