木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2 【Tominon 55mm F1.2 復刻プロジェクト

現代に蘇るトミノンレンズ!

1970年代日本の名機、富岡光学製の大口径標準レンズ55mmF1.2を現代のエコ材料で再現。当時の設計者の指導の下、開発思想を受け継ぎ、開放での柔らかなボケと絞り込んだ時のシャープな描写性を再現した光学設計。
大口径ならではの透明感のあるレンズを再現するため、当時と同じピッチ研磨で磨かれたレンズ。
自然な色合いを再現するため、あえて単層コートを採用。
古いカメラは勿論、現代のカメラにもマッチするヤシカコンタックス風の外観。
ヘリコイドはしっとりとした作動感を再現するため、当時と同じ現合ラップ仕上げ。

※レンズマウントはコンタックス・ヤシカマウントとなります。
※マウントアダプターを介して使用する際、フルサイズキヤノンEFマウントボディと組み合わせるとミラーが干渉するため、使用できません。



早くもマップカメラにて予約が始まってます。

ヤシカ・コンタックスに似た外観で重量は、310gと
なってます。

意外に軽い?ですかね。

コニカAR
ヘキサノン57mm f1.2は460gもあるのです。まあ、ヘキサノンは重すぎますが・・・

13万と安くは無いので思い切りが必要です。

限定なのか期間限定なのか分かりませんが数年したらプレミア価格にはなりそうです。

e0355334_21291091.jpg

by MAXY53 | 2015-09-04 21:35 | 現モダンレンズ&オールドレンズニュース | Comments(0)

いらっしゃいませ 美味しいお茶をどうぞ!


by 連豆
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31